Nimを触ってみた

Nimを触ってみました。vimじゃないです。Nimです。  

What is Nim ?

プログラミング言語の1つです。

スクリプトやwebサーバーに使えたりする言語です。 行末セミコロンがいらなかったり、中括弧じゃなくてインデントでブロックを構成するのでPythonっぽい書き方をします。

マクロだったり、演算子のオーバーローディングだったり色々できるみたいですが、まだ全然何もわかっていないので詳細は下のリンクを見てみてください。

【参考】

Official Website

公式サイトです。 https://nim-lang.org/  

Install

macでのインストール方法です。brewでインストールします。 $ brew install nim バージョン確認 $ nim --version  

Atom Package

atomのパッケージもありました。シンタックスハイライトが有効になったりします。 2つあったのですが、後者は何故かエラーが表示されるので、一時的にunableにしています。 language-nim nim  

Hello World!

hello worldやってみます。 超シンプル

これをhelloworld.nimなどで保存して $ nim compile --run hellowrold.nimで実行します。 これは省略形もあって、 $ nim c -r helloworld でも良いらしいです。  

Create Project

nimbleというパッケージ管理ツールを使います。

$ nimble initで質問に答えてプロジェクトを作成します。

なにもせずにビルドと実行をしてみます。

$ nimble build

$ ./hogehoge

すると「Hello, World!」と表示されました。

参考: Nimble入門 – Qiita

Test

$ nimble testで実行されます。

参考: Module unittest

 

Summary

日本語の情報がまだまだ少ないのですが、英語も読みつつ物にしたいなと思っています。