React, Reduxのお型付け

React, ReduxのTypeScriptでの型付けのベストプラクティスです。勉強会で発表したので簡単にブログにまとめます。 はじめにスライドは以下のページにあります。【参考】

NimでPratt Parserを実装した

前回の記事の続きです構文解析器とは入力をあるデータ構造へと変換するものASTとは抽象構文木トップダウン構文解析とボトムアップ構文解析今回作ったのは前者の中の「再帰下降構文解析(recurisve descent parsing)」を用いたもの。Pratt構文解析器キーワード

コピーオンライトとその周辺の復習をする

はじまり プロセスにメモリを割り当てたいカーネルがプロセスの仮想記憶とページテーブルプロセスを複製するコピーオンライトちょっと前の記事でも少

redux-formのstoreにコンポーネント内でアクセスする

redux-formを使用しててコンポーネント内でredux-form内のstoreの値を得たい時に調べるのにちょっと時間が取られたのでその時のメモ。したいことredux-formを使っている周辺のコンポーネント内で、formに入力されている内容を見たい。

Nimで簡単なゲームを作った

参考https://postd.cc/writing-a-2d-platform-game-in-nim-with-sdl2/ 成果物https://github.com/mrsekut/nim_platform_game動機Nimの思想に慣れるため環境構築ゲーム関係のやつを入れる$ brew install

2018年の話

「今年は良い年になる気がする」2018年の始めに、何度かそんなことを言ってたことを思い出した。引きこもる予定くらいしかない僕にとっては年末年始は大した行事ではないのだけど、誰かがわざわざ引いた線だし、この機会にちょっと一年を振り返ってみる。この記事は、1年後、5年後、n年後の自分のために書いたものでわざわざ読んでくれる暇な人がいたら、部分的にで

NimでLexerを書いた

概要LexerとはなぜNimか 基本的には、一文字ずつ読んでいってswitch文でトークンを解析するという知ってしまえば単純なものだったコンセプトほんと違うところ。本ではmonkeyという言語を作っているが、せっかくなのでNimっぽい文法で動くようにしたいなと思っただからBRACEとか使ってない(あるけど) お!って思ったところ

TypeScriptのBigIntを触ってみる

TypeScript Advent Calendar 2018の22日目の記事です。こんにちは

Haskellの型クラスについて

型クラスとは型の振る舞いを定義するものデータ型を分類するもの```class 型クラス 型 where 条件式``` <h2>インスタンスとは</h2>型クラスの制約を満たすようにした型のことクラスの実装<

RxGoでリアクティブプログラミングに入門する

Go2 Advent Calendar 2018の19日目の記事です。こんにちは